FC2ブログ
ブログ再開しました!

もうすぐ6ヶ月

昨年の8月25日にお迎えして早6ヶ月。

初めての中古車で少し不安もありましたが、大きなトラブルもなく、
今のところ快調に走ってくれてます。

evo_200224001

消費増税前に大きい買い物は済ませておこうと思い、車本体はもちろん
のこと欲しいと思ったアフターパーツ類も一気に取り付けしてしまった
ので、今の状態にはとりあえず満足。

ちなみにグレードはHSEダイナミック。
ブラックデザインパックをはじめとした純正OPが多数装着されていて、
OPだけでも100万近くはするそう。

輸入車のオプション価格設定はほんとボッタクリですねー。

Photogenic Mask Part16

ここ数日、寒い日が続きますね。
新型コロナウイルスも心配なので、こんな日は家に引きこもっているのが
一番ですね。

さて、今回はまだブログでお披露目していないマスクで撮影してみました。

黒の衣装は運動不足で少し太った体でもいろいろと体型のごまかしが効く
ので何かと重宝します(笑
あと、胸の谷間シースルーなところもポイントですねー。


pjm_200209001

pjm_200209004 pjm_200209009

pjm_200209002

pjm_200209008 pjm_200209006

pjm_200209007

pjm_200209003 pjm_200209005

パッド交換

近頃、車のブレーキから頻繁にキィーって音がするようになりました。
ブレーキをかけて止まる寸前くらいになると自転車みたいなブレーキ音が
して、交差点とかで歩行者に見られるとちょっと恥ずかしいw

ブレーキパッドの残りはまだ十分ありますが、前々からブレーキダストが
多くて低ダストのものに交換したいと思っていたので、ここは思い切って
交換することに。


パッド交換前、ホイールについたブレーキダストはこんな感じ。
少し走行しただけですぐにダストだらけになります。
20200128_001


ちなみに、今回装着したパッドはKRANZのジガ・プラス。
20200128_002

折角なら、低ダストだけでなく性能面もグレードアップしたかったので、
ノーマルのジガではなくプラスの方をチョイスしてみました。


フロント
20200128_003


リア
20200128_004


パッドを交換して約100km走行後のホイールの状態。
20200128_00

ダストは確実に少なくなったのはもちろんのこと、ブレーキの鳴きも
完全に無くなりました。
ブレーキフィールもナチュラルでいい感じです。
このパッドはブレーキ鳴きにも対応した製品とのことなので、お困り
の方にはオススメですね。

Crash

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます(汗

昨年ブログを再開したものの、更新が滞りがちですみません。
たぶん今年もスローペースな更新となると思いますが、引き続き
お付き合いいただけると幸いです。

さて、新年一発目なので明るい話題といきたいところですが、新年
早々にパソコンが壊れてしまいました...

1月1日の早朝。
今年最初のパソコンの電源ON。
何かがおかしい。
トップ画面が立ちあがるまでが異常に遅いし一つ一つの動作が鈍い。

なので再起動させて様子をみようとしたところ、再び起動することは
ありませんでした...

何度やっても起動の途中で電源が勝手にOFFになってしまうんです。
ブートキャンプでWindowsはちゃんと起動するので、Macの起動部分
のハードディスクに問題がありそう。

近くのPCショップで診断してもらいましたが、やはりハードディスク
の交換が必要とのこと。
その店で修理をお願いしようと思ったら、ここでは修理できないので
アップルストアへ直接持ち込みして下さいとか言うし...。

もう面倒なので修理はあきらめて、取り急ぎ同等モデルの中古を入手
してみました。

20200122_001

新しいPCにデータを移行中なので、セットアップが完了したら、先日
撮影した画像をブログにUPしたいと思いますので、次の更新までもう
少しお待ち下さい。

プチ整形

前回の更新で公開した新しいマスクのカスタムポイントについて、少し
触れてみたいと思います。

使用したのはDreammask Studioさんのマスクでフェイクアイが付いて
いるタイプ。

カスタムと言っても出来ることは限られてしまうので、顔の印象を決める
重要なポイント「目」に絞って手を加えてみました。

ちなみに、カスタム前の写真を撮り忘れてしまったので、カスタム後の
画像で解説していきます。


まず、顔全体の画像から。

dm_20191230001

カスタム前の画像が無いので比較できなくて恐縮ですが、パッと見た
感じではあまり変わってないような気がしなくもないですが...(汗


続いて詳細について

①アイライン
dm_20191230002

目頭のアイラインをカッターの刃で削って細く薄くしました。
ノーマル状態でもよかったのですが、視覚的に左右の目の間隔を少し
広く見せたかったのと、キリッとした感じをあえて少し弱くしました。
これは好みの問題ですね。



②黒目(虹彩)
黒目の出来が気に入らなかったので別のものに交換してみました。
元々、目は取り外しできる仕様になっているので、目パーツを外して
黒目の部分だけ切り離します。
黒目はかなりしっかり接着されているので、裏から穴を開けて溶剤を
流し込んだり、ドライヤーで温めたりして白目部分を傷つけないよう
に慎重に作業します。この作業が地味に面倒くさいです。

外した黒目パーツ。
dm_20191230003

印刷されていた虹彩は溶剤でボロボロになってしまったので、画像は
残ったレンズの状態です。


次に新しい黒目を取り付けます。

市販のドールアイ(26mm)の白目部分を削って黒目だけを使用。
dm_20191230004

覗き穴は白目を削る前に開けておくと作業が楽です。
あと、開けた穴の内側を虹彩の色に合わせて塗装しておくこともお忘
れなく。


(正面)
dm_20191230005

(側面)
dm_20191230006

(裏面)
dm_20191230007

ちなみに今回使用した虹彩の色はライトバイオレット。
気分で虹彩の色を変えたい人は、両面テープで接着しておけば簡単に
交換できるでしょう。



③まつ毛
購入したマスクがノーマルメイク仕様で、下まつ毛が無い状態だった
ので追加してみました。
フェイクで手書きする方法もありますが、今回はリアリティーを追求
して、付けまつ毛(下まつ毛用)を1本1本植毛してみました。

dm_20191230008

市販の付けまつ毛用の接着剤で仮止めして、その上から透明シリコン
を重ねていきます。毛の長さと向きに気を遣いながら根気よく作業し
ていきます。

dm_20191230009

dm_20191230010

やりすぎるとクドくなってしまうので、片目で40本位が目安ですね。
今回は自然な感じにしたかったので、あえて植毛しましたが、通常の
一体型の付けまつ毛の方が作業が簡単です。
どちらにするかはお好みでどうぞ。

ちなみに、上まつ毛については目尻のところだけ少し増毛してますが、
全くわからないですね..。

dm_2019123011


あとは、市販の化粧品を使って好みにメイクして終了となります。


今回の作業は以上となりますが、機会があれば他のマスクのカスタムに
ついても紹介してみたいと思います。


| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top